留袖レンタル☆情報ガイド

トップ > 留袖のレンタルについて > 留袖は購入よりもレンタルの方がお得

留袖は購入よりもレンタルの方がお得

留袖という衣類は、着用する機会はあまり多くありません。
イベントなどで着用される事はあっても、少なくとも日常着ではありません。
1年に1回程度しか着用しない衣類でもありますし、レンタル品が検討される事も多いです。
そもそも留袖を着用したいなら、選択肢は2つあります。
レンタルというサービスを活用するか、留袖を購入する方法もあります。
実際WEB通販などを活用して、留袖を買っている方も多いです。
ウェブ通販を活用するなら、商品の代金を支払う必要があります。
その和装の場合は、商品によってはかなりの価格になる事もあります。
ある程度上質の衣装を買う場合は、数十万円ぐらいになります。
それに対してレンタルサービスは、数万円以内で収まるケースも多いです。
借りる衣装によっては、数千円台になる事もあります。


1年に1回ぐらいしか着用しない衣類に対して数十万円ぐらい支払うのは、かなりコストが大きいという声もあります。
それに対してレンタルサービスであれば、1日に数千円程度で済むケースも多いです。
却って衣装を借りる方が、出費も抑えられる傾向があります。
実際イベントだけ借りて、すぐに返却している方も珍しくありません。
イベントは、たいてい1日や数日限りになります。
1日だけ留袖を借りた上で、すぐに返却している方も多いです。
その方が、費用も節約する事ができます。
また留袖を自宅で保管するのも、費用がかかってしまう事があります。
クローゼットなどに収納している方も多いですが、留袖によっては保管費用がかかる事もあるので、注意が必要です。
保管するのが面倒なので、預かりサービスを活用している方も多いです。


例えばクリーニング店などに保管してもらう方法もあります。
一旦はお店でクリーニングを行って後は、数ヶ月ぐらいは預かってもらう事も可能です。
しかしお店による預かりサービスを利用するなら、指定の料金も支払う必要があります。
無料ではありません。
それだけに留袖を持っていると、保管コストが高く付いてしまうケースもよくあります。
しかしレンタルというサービスであれば、わざわざ衣装を保管する必要もありません。
一旦借りた衣装は、すぐにレンタルの業者に返却すれば、自宅での保管も不要になります。
衣装のメンテナンスも不要になりますし、コストも抑える事ができますから、レンタルサービスのメリットは大きいです。
ですから留袖は、購入するというよりレンタルというサービスが活用されるケースが多いです。

カテゴリー

PAGE TOP