留袖レンタル☆情報ガイド

トップ > 留袖のレンタルについて > 最新流行の留袖を手頃な価格で着用するなら

最新流行の留袖を手頃な価格で着用するなら

着物にも色々な種類がありますが、黒留袖は既婚女性が着用する第一礼装です。
黒地の着物で裾部分のみに模様が入っていることも特徴的です。
背中と両袖の後ろ、両胸に5つの家紋が入るのもこの着物の決まりとなっています。
着用する場面も知っておきたいところですが、留袖を着用するのは主に結婚式や披露宴のときです。
この場合はゲストも着用できるのかどうかも知っておきたいところですが、新郎新婦の母親や祖母、仲人など新郎新婦に近い関係の人が着用するものです。
それゆえ、ゲストが着用するとマナー違反になるということは知っておきましょう。
一度作っておくと長く着用できる着物というイメージもありますが、やはり柄にも流行があり、今持っている着物が現在のトレンドと外れてしまっている場合もあります。


最新流行の留袖に作り直すという方法もありますが、作成には時間も費用も掛かります。
さらに、着用できる機会は限られていますので、わざわざ作り直すのはどうかと考えている人もあるのではないでしょうか。
手頃な価格で最新の留袖を着用するのであればレンタルの利用も考えてみましょう。
レンタルであれば購入よりもかなり費用を抑えて、良質な留袖を用意できますし、着用後は基本的に返却するだけですので、その後のクリーニングや管理・保管の手間もありません。
借りるたびに違う留袖を選ぶこともできますので、流行が変化したり体型が変わった場合にもすぐに対応できるのも安心感があります。
セットで用意されていることが多く帯や草履、バッグや着付けに必要な小物類も全て揃えられるのもレンタルを利用するメリットです。


留袖には家紋がついていますが、最近は家紋を使うことが少なくなっており自身の家紋がわからないという人もあるのではないでしょうか。
そんな場合も、誰もが自由に使える通紋がありますので家紋がわからない場合も安心です。
通紋では五三の桐や蝶などがあげられます。
留袖のレンタルを提供するお店は多く存在しますが、安さだけで選んでしまわずに着物の品質の良さは重視したいところです。
結婚式は特に華やかな儀式ですので、良質な着物を選んでいきましょう。
留袖は結婚式を挙げる式場やホテルでもレンタルが用意されていることが多くなっていますし、より多くの種類から選びたいという場合は着物レンタル専門店から選ぶこともおすすめです。
若い世代では黒留袖ではなく、色留袖を着用することも多くなっていますので、色留袖の品揃えが良いかもチェックしておきましょう。

カテゴリー

PAGE TOP