軽貨物のドライバーの募集の選び方

軽貨物のドライバーの募集には2種類あります。ひとつは運送のトラックドライバーとしての募集で、軽貨物としている場合には運転する自動車が軽自動車というだけです。もう一方はフランチャイズや組合への加盟で、この場合には軽自動車を用意しなければなりませんし黒ナンバーの取得も必要になり、実質的なオーナードライバーになることです。会社に雇用されてドライバーとなる場合には安定した収入を得ることができるメリットがありますが、収入には限界があります。オーナードライバーとなった場合には、仕事の有無で収入が変わってきますが、黒ナンバーの自動車を持っていれば、個人的に運送を請け負うことができるので、収入を多く得るチャンスがあります。このため募集では収入面ではなく仕事内容をしっかりと理解しておく必要があります。

軽貨物ドライバーのメリットとデメリット

軽貨物運送は、主に宅配便、ルート配送、スポットチャーター便を行っている運送業です。宅配では大手の下請けがあり、またルート配送は法人契約で一定のルートをまわるものです。またスポットチャーターは法人から個人まで、仕事を請け負って物を運ぶというものです。軽貨物ドライバーになる場合には運転免許証と軽自動車があり、黒ナンバーを取得すれば誰でもなることができますが、ネックとなるのが仕事を得ることで、多くの場合にはフランチャイズ契約や組合に所属することで仕事を貰うことになります。軽貨物ドライバーのメリットとしては、自動車が運転でき軽自動車を用意できれば誰でもなれることや黒ナンバーがあれば個人的な運送の仕事を得ることもできるということです。一方でデメリットとしてはフランチャイズや組合に所属することで年会費が必要ですし、地域や季節によって需要が変動し収入も変化するといったことがあります。

募集に応募するさいのポイントについて

軽貨物ドライバーになるためにはフランチャイズや組合に加盟することのほか、運送会社が募集しているものがあります。運送会社が募集しているものは一般的なドライバー募集であり、運転するのが軽自動車であるということに以外はそれほど変わりません。一方で多くの場合には、軽貨物ドライバーの募集で多いのがフランチャイズや組合への加盟です。この場合には独立開業する人を募集していることになるので、一般的なドライバー募集とは異なっているので注意が必要です。特に雇用されて軽貨物ドライバーとなる場合には日給や月給といった形で収入を得ることができますが、独立開業する場合には、軽貨物を用意する必要がありますし、黒ナンバーの取得費用などが掛かります。このため、ドライバー募集かフランチャイズや組合員の募集かを見極める必要があります。