軽貨物のドライバーの募集の現状

軽貨物のドライバーの募集の現状としては、単なるドライバー募集と独立開業するものとに別れます。単なるドライバー募集であれば、雇用契約に基づいて自動車を運転し荷物の積み下ろしなどを行うというものですが、独立開業の場合には自己資金で軽貨物を用意し、営業車ナンバーを取得して荷物を運ぶことになります。雇用によって荷物を運ぶドライバーよりも募集時の給与は良いように書かれていますが、実際にそれだけの仕事を紹介してもらえるか不透明なのが現状です。特に運送業はその地域によって需要が大きく変わってくるので開業するさいにはそのエリアの需要を十分に理解しておく必要があります。一方で、事業そのものが軌道に乗れば安定して収入を得ることができ、また個人または法人などから直接仕事を受けることができるので、収入のチャンスが増えます。

軽貨物のドライバーの仕事について

軽貨物のドライバーは、営業車ナンバーの軽貨物自動車を利用して荷物を運ぶ仕事です。軽貨物のメリットは軽自動車ですので、維持費が安く小回りが利くといったものがあります。軽貨物ドライバーといっても、いくつかの種類があり、個人事業主として開業したり、フランチャイズや組合に加盟して開業することや運送会社に雇われるといったことがあります。軽貨物ドライバーでもっとも多いのが、フランチャイズや組合に加盟した個人事業主で、その場合にはフランチャイズ元や組合から仕事を斡旋してもらって荷物を運ぶことになります。また開業し営業車ナンバーを有している場合には、個人や法人から直接荷物を運ぶ仕事を請け負うことができ、収入のチャンスを大きくすることができるメリットがあります。

軽貨物のドライバーの募集での注意点

軽貨物ドライバーの募集での注意点は、単なるドライバーの募集であるか、フランチャイズや組合への募集であるかの違いを理解しておく必要があります。単なるドライバーであれば、雇用契約に基づいて荷物の運搬を行うだけですが、フランチャイズや組合の加盟の場合には、軽貨物を自ら容易する必要がありますし、加盟金や車の営利販売が行われる場合があります。またフランチャイズや組合でも立地などによって紹介してもらえる仕事の内容が変わってくるため、実際に募集で書かれているような収入を得るのが難しいケースがあります。なお、軽貨物ドライバーの仕事の種類としては、宅配業者の下請けとして配送する場合やお店の依頼を受けて定められたルートを回って荷物を運ぶといったことがあります。また場合によってはチャーター便での長距離荷物を運ぶといったものもあります。