軽貨物のドライバーの募集のチェックポイント

軽貨物のドライバー募集に関する記事、コンビニエンスストアなど無料で手に入る求人雑誌によく掲載されていますから、ご覧になった方も多いと思われます。記事の中には、高額報酬月額50万円以上可能!とか、日額2万円保証!など、この景気が芳しくないなかで真偽のほどを疑いたくなってしまうほどです。しかし、いくら高額な報酬が得られるとしても、必ず、チェックをしなければならないポイントがあります。それは大学生が会社に就職するのと同じです。軽い気持ちで軽貨物ドライバーをしてみようかなと思案する前にその会社の条件面をしっかりと把握しておく必要があります。後になって、こんなはずではなかったと後悔される方が多かったり、契約関係でクレームが頻発するのも軽貨物運送業であることを先ずもってご認識ください。

高額な報酬は考慮せず、手取りを考えること

いくら高額な報酬が掲載されていても、その募集記事を鵜呑みにしてはいけません。先ずは軽貨物が完全に無償支給されるのか、リースなのか、リースならいくらの金額か、自前で用意する必要があるのかをチェックします。次に、運送にあたってのガソリン代、車両等にかかる自動車保険の支払いはどちらが行うのか、その他車両維持に要する経費はどちらが行うのかを、必ず確認してください。後々のためでもあります。そして、次に肝心なのは、契約関係です。社員として採用され、医療保険や厚生年金などは雇用主がきちんと手配してくれるのか、あるいは単なる外注のような一人親方としての採用なのかを見極めることが肝要です。これら経費がすべて自己負担であるならば、いくら高額な報酬をもらっても全然採算がとれませんし、万が一アクシデントにあって仕事が出来なくなった場合、損失を被るのは自分自身だからです。

募集内容の事実と相違した場合の解決策

軽貨物のドライバーは、残念ながら一人親方での雇用関係となるケースが多く、いわば企業対個人事業主のような関係です。ほとんどの仕事は完全な請負型で、仕事をこなして所定の報酬がもらえる仕組みを採用するところが多いのも事実です。しかし、募集内容とあまりにも業務内容が異なるようならば、労働基準監督署に相談に行ってみるのもひとつの解決策です。黙っていては解決に至りませんし、処遇が改善されるとも思えません。弁護士を立てて戦うのは意味がないと思われますので、労働者としての尊厳と自覚を持って相談に行かれる方が得策です。また、評判の良くない会社の広告は無視し、社員が明るく伸び伸びと仕事をしている会社、そんな会社と契約関係を結びたいものです。そんな会社は社員の顔を見ればすぐにわかります。彼らの顔には労働意欲がみなぎっていますから。そういう会社を是非とも見つけてください。