競争の激しいいゲームセンターの景品事業

かつては至る所にあったゲームセンターの数も随分と減ってきました。多くのゲームセンターでは出入り口のところにクレーンゲーム機があり、中に入ると対戦型格闘ゲームや音楽ゲーム、最奥にプリントシール機が設置されているのが定番でした。しかし、ここから対戦型格闘ゲームと音楽ゲームは専門性が高まったことで分離し、クレーンゲーム機だけのゲームセンターが登場するに至りました。これにより、音楽ゲームや対戦型格闘ゲームのついでにクレーンゲーム機をプレイしてもらうことは難しくなり、景品や仕組みを工夫して人々の興味を集める必要性が高まりました。一方でクレーンゲーム機を始めとしたプライズ付きのゲームはハードルが低く、小さな子供からお年寄りまでプレイすることが可能で集客の幅は広くなっています。

安価なプライズの定番であるお菓子とキーホルダー

クレーンゲーム機などのプライズ付きのゲームにおいては景品を見てプレイするかどうかを決める方が多いです。かつては景品を獲得することに喜びを感じ、その内容にはこだわらないという方が少なくなかったのですがその状況は大きく変わっています。主なプライズとしてよく用いられているのがお菓子、キーホルダー、ぬいぐるみ、フィギュアです。お菓子の場合は既に単価が知られているため、プレイヤーもなかなか慎重です。例えば120円のお菓子を1プレイ100円で獲得しようとはあまり思わないということです。そこで市販にはない特別なサイズや味のお菓子をプライズとして用意することが有効です。キーホルダーも同様であり、一般に販売されているものは価格が見抜かれているということに留意しておきましょう。

ぬいぐるみとフィギュアに需要が殺到

ゲームセンターの景品の中でも人気があるのがぬいぐるみとフィギュアです。この2つが人気となっている理由はいくつかありますが、人気ゲームや人気アニメのキャラクターを模したものであれば特に高い価値があります。ぬいぐるみやフィギュアはディスプレイとしても優秀であり、一部のプライズには需要が殺到しています。クレーンゲーム機においてはぬいぐるみの形状が難易度に直結します。フィギュアは一般に売られている物をプライズにすると原価が高くなりすぎるため、プライズ専用の物が制作されていることも多いです。しかし、それが逆に希少性を高める要因になっています。一般に売られているプライズ専用のフィギュアはゲームセンターを訪れない方にとって大きな価値を持っています。人気の商品は争奪戦になっています。